妊娠中のトラブル対応策

頭を抱える女性

妊娠中にうつになる原因と対策について

うつ病は、様々なストレスが原因で発症する病気です。些細なことがきっかけで発症することも多い、とても身近な精神病と言われています。そしてストレス以外の要因で多いのが、妊娠や病気などによる体の変化によるものです。とくに妊娠中の女性は妊娠中うつを発症することが多いと言われています。理由の一つが、ホルモンです。妊娠中は、母体で赤ちゃんを成長させ、母乳を作り出すためにホルモンの分泌が通常より非常に多くなります。そのため通常時のホルモンバランスより乱れるため、それが影響して不安になったり、ネガティブになったりすることがあります。それに加え、妊娠中は様々な不安がつきものです。特に一人目妊娠中は、出産に対する恐怖もあるので、不安感は倍増します。その気持ちが、さらなるネガティブな気持ちを生み出し、妊娠中うつになってしまうのです。妊娠中うつは、安定期を迎える前のつわりの時期に多く見られます。そして、ホルモンが比較的安定し、母体も落ち着く安定期を迎えるころには自然と治っていることがほとんどです。しかし、中には安定期を過ぎてもうつ状態が改善せず、そのまま出産まで続き、出産後は産後うつへとなってしまうケースもあります。うつ状態が長く続くと、体にも不調が出て子供に影響を及ぼしてしまう危険性もありますので、不安な場合はかかりつけの医師に相談し、妊娠中でも服用出来る漢方薬などを処方してもらうと良いでしょう。また、一人で抱え込まず、不安や恐怖は父親となる夫や両親などに相談し、吐き出すということも積極的に行うのも良い予防法の一つです。

妊娠中うつになってしまったら、周りの人はどのように対処すべきでしょうか。まず、父親となる夫は、母親になる妻にはなるべく家事をさせず、ゆっくり休む時間を作ってあげることが大切です。妊娠中うつは一過性のことが多いので、無事に安定期を迎えるまでは無理をさせずに万全のサポートを行いましょう。また、恐怖感や不安感をぬぐうためにも、一緒に母親教室に参加する、各自治体がやっている交流会などに積極的に顔を出す、などの行動も良いでしょう。同じ不安を抱える人と交流が出来れば、心が安らぎ、うつの症状も改善する可能性があります。また、妊娠中うつが産後うつへと変わってしまった場合は、授乳をストップし薬によってコントロールするというのも一つの手です。妊娠中は飲めなかった薬も、出産して授乳をしていない状態になれば、様々な種類を服用することが出来ます。妊娠中うつになってしまった女性は産後うつにもなりやすいケースが多いので、そのようなことも覚えておくと良いでしょう。また、各自治体が運営する妊婦のサポート団体なども利用してみましょう。実際にうつになってしまった妊婦に向けて無料で相談を請け負っているサービスで、保健師や助産師が悩みを聞いてアドバイスをくれます。また、妊娠前にもともとうつ病を患っている人の場合は、妊娠発覚と同時に通常飲んでいた薬の服用はやめ、すぐに医師そのことを伝えましょう。このように、妊娠中うつになってしまっても、きちんと対応すれば乗り越えることは出来ます。元気な赤ちゃんを産むためにも、様々なことを積極的に利用してみましょう。

Copyright© 2019 妊娠中の病気は早期治療を受けることが大事 All Rights Reserved.