女性とうつの密接な関係

医師と妊婦

妊娠中のトラブルの特徴と適切な対処法

女性にとって、妊娠中というのは神秘的で大切な期間です。今までの体とは違った体質になったり、味の好みが変わったりなど大きな変化が現れる中、妊娠中にうつ病になってしまうケースもあります。うつ病は、様々なストレスが影響して発症する精神病の一種ですが、妊娠中はつわりや食事制限、仕事を休職した孤独感などからストレスを感じやすく、またホルモンバランスが影響してうつになってしまいやすいのです。妊娠中うつの主な症状は、通常のうつ病とあまり変わらず、憂鬱感や倦怠感、食欲不振などです。しかし、これ以外にも妊娠中うつ特有の症状があり、それがお腹の子に対する感情がネガティブになってしまうことです。望んで出来た子なのに、理由もなく憎らしく感じてしまったり、妊娠しなきゃよかったと考えたりもしてしまいます。そしてそのような考えに至る自分を責めてしまい、さらなる症状の悪化をもたらしてしまいます。しかし、子供に対するネガティブな感情は、うつによる症状で本心から感じているものではありません。うつによる不安定な気持ちと、妊娠による不安定なホルモンバランスが影響することで起こってしまう現象なので、必要以上に自分を責めるのは厳禁です。そのような気持ちになってしまったら、素直に夫や周りの家族に気持ちを打ち明け話を聞いてもらうのが良いでしょう。言いにくいのであれば、各自治体が運営している妊娠中のサポートサービスを利用するのもおすすめです。妊娠によるうつや不安な気持ちを第三者として聞いてくれて、アドバイスを受けることが出来ます。

妊娠中うつは、つわりの時期を過ぎ安定期に入るころ次第に落ち着くことが多いと言われています。そのため、うつのような症状が現れてもあまり深刻に考えず、しっかり休養して栄養を取ることを第一に考えておきましょう。しかし、中には安定期を過ぎてもうつの症状が落ち着かないという人もいます。そのような場合は、かかりつけの産科医に相談してみましょう。妊娠中でも服用できる漢方薬や、精神安定の薬などを処方してくれる場合があるので、用法容量を守って服用しましょう。それでも症状が良くならず、出産や出産後もうつ状態が続いてしまうことがまれにあります。出産後もうつ状態が続くようであれば、家族やサポートセンターに子育て支援を頼み、母乳を中止し薬を飲み、自分の病気を治すことを第一目標にするのも一つの手です。妊娠中に限らず、女性は出産後も大変な時期が続くため、乗り越えるためにも自分の健康管理をしっかり行うことは大切です。また、もともとうつ病を患っていた人や、1人目の妊娠時にうつになってしまった人は、妊娠中うつになりやすい傾向にあります。その場合は事前に予防するためにも、夫や周りの家族に話し理解を得てあらかじめサポートを頼んでおく、など対応策を取ってみましょう。女性の体は非常にデリケートなので、誰でも妊娠中うつになってしまう可能性はあります。実際に発症してしまった場合も、慌てずに自分を責めず、冷静に対処することが必要です。元気な赤ちゃんを産むためにも、うつに対する若いうちからも理解度は深めておくと良いでしょう。

Copyright© 2019 妊娠中の病気は早期治療を受けることが大事 All Rights Reserved.